オルゴール職人 〜ネット・オルゴール博物館〜

TOPページスイスオルゴール友の会 >オルゴール職人〜

● オルゴール職人

職人

音楽の大切さについて、現代のオルゴール職人に尋ねたことがありました。 「音楽はパンと同じ、無かったら生きていけない」 と言われたのには驚きました。「ご飯と同じ、なかったら生きていけない」音楽を創るオルゴール職人の、音楽に掛ける 気持ちを端的に表しています。現代のオルガンのマイスター・ブローマーさんは「美しい音楽は神の声」と 言っています。魂を揺さぶる程の音楽を、心に響く音楽を過去のオルゴール職人達も求めたことでしょう。美しい 響きを求め、その上に正確な音楽を乗せる為に、時間と忍耐力が注がれました。T台のオルゴールのドラムに植え るピンの数を20万本、純正調に近い調律法を採り、飽きのこない編曲を心掛け、美しさを求めた結果、その響きに 低周波・高周波が同時に存在する優れた楽器に育っていたことを現代の科学が解明しました。美しさを追い求めた、 優れた職人の感性と技術とそれを支える忍耐の賜でしょうか?
    
photo:スイスオルゴール友の会




TOPへ  | スイスオルゴール友の会  | オルゴール・コンサート  | ルヴィーブル 
トップページへ スイス
オルゴール
musicbox.co.jp
ネット・オルゴール博物館

●スイスオルゴール友の会
●スイスオルゴールの魅力
●スイスオルゴールとの出会い
●オルゴールの歴史
●オルゴールと蓄音機の発明
●オルゴールの欠点
●オルゴールの特色
●オルゴールとスイスの歴史
●オルゴールの職人気質
●村の音楽の塔“カリヨン”
●オルゴールのいろいろ
●スイスのオルゴール博物館
●世界のオルゴールの文献
●オルゴールの思い出
●生き延びたオルゴールの力
●スイスオルゴールコンサート
●アルプス民族音楽祭
●オルゴールの故郷を訪ねて

Copyright (C) 2000
Saeki&Co.Inc.All right reserved