オルゴールの誕生 村の音楽の塔“カリヨン”〜ネット・オルゴール博物館〜

TOPページスイスオルゴール友の会 >オルゴールの誕生“カリヨン”

● オルゴールの誕生 村の音楽の塔“カリヨン”

オルゴールの誕生又は、機械仕掛けの自動楽器の起源にカリヨンベルの存在は重要です。村の中央にベルを幾つも持つ塔を カリヨンと呼びました。13世紀からカリヨンは村のシンボルでした。高い塔の先端から村中に音楽を奏で、時を 告げ、村人の心の拠り所だったカリヨンは、ベルをハンマーで叩くやり方が一般的ですが、初期には、ベルの内 側に吊られた“ベロ”をひもで引くやり方が多く見られます。一方で聖堂や教会のチャーチベルは、普通2個の ベルを交互にスイングして塔の上で“リンドン”“リンドン“と鳴らしました。大きな響きは村を超え、森や林 の隅々までと届きました。音楽の塔カリヨンは、始め鍵盤を手で叩くもの、足で踏むものなど手動のものでした が、やがて、時計と組み合わされて自動で鳴る仕組みになりました。ベルも次第に数を増して、和声の優れた音 楽を村々に流し続けました。ザルツブルグの市庁舎のカリヨンは大きな塔の機械室に大きなシリンダーが有り、 ピンが親指大の大きさです。このピンを毎月音楽大学の教授が植え換えて曲が変わります。広場の掲示板にその 月の曲名が書き出されています。スイスのロッチャー社のカリヨンベルの音色は誠に美しく、透明です。大坂箕 面小野原にスイスから第一号のカリヨンを12年前に建てました。一度見に来てください。




TOPへ | スイスオルゴール友の会  | オルゴール・コンサート | ルヴィーブル 
トップページへ スイス
オルゴール
musicbox.co.jp
ネット・オルゴール博物館

●スイスオルゴール友の会
●スイスオルゴールの魅力
●スイスオルゴールとの出会い
●オルゴールの歴史
●オルゴールと蓄音機の発明
●オルゴールの欠点
●オルゴールの特色
●オルゴールとスイスの歴史
●オルゴールの職人気質
●村の音楽の塔“カリヨン”
●オルゴールのいろいろ
●スイスのオルゴール博物館
●世界のオルゴールの文献
●オルゴールの思い出
●生き延びたオルゴールの力
●スイスオルゴールコンサート
●アルプス民族音楽祭
●オルゴールの故郷を訪ねて

Copyright (C) 2000
Saeki&Co.Inc.All right reserved