オルゴールと蓄音機の発明 〜ネット・オルゴール博物館〜

TOPページスイスオルゴール友の会 >オルゴールと蓄音機の発明

● オルゴールと蓄音機の発明

ゼーベン

 オルゴールが100年前に全盛時代を迎えたその真っ直中の1877年にアメリカでトマス・エジソンがフォノグラフと言う蓄音機を 発明しました。「多くの発明の中で最も感動した発明だった」と後にエジソンは述懐しています。「身体の中から突き上げる喜び」 とエジソンは表現しています。それほど当時画期的な発明でした。音の文化の上で、時代が大きく変わることになりました。

 1898年にはスイスのエルネスト・パイヤードはエコフォンというやはり 筒型の録音・再生機を世に送ります。蓄音機は人の声を録音することが出来ました。長時間の録音と演奏 が可能でした。オルゴールのように段々遅くなる欠点を持ちませんでした。人々の関心がオルゴールから蓄音機に 移って行きます。オルゴール職人には過酷な時代となりました。1930年代店頭から大型のオルゴールが消えると ほとんどのオルゴール職人が姿を消し、時代は電気の音の世界へ流れ込み、ラジオの普及から、さらにテレビへと大きな潮流をつくりま した。オルゴールが王侯貴族の愛玩物となり、多くのオルゴールファンを生み、コレクターを創りながら優れたオルゴールを造 る職人が皆無となります。それだけ蓄音機の発明の影響が大きかったことを物語っています。ひと頃300人とも500 人とも言われ、優れた音楽集団だったオルゴールの職人達は、小さなオルゴールのムーヴメントを造るメーカーに、トー レンツという蓄音機メーカーに、事務機器メーカーのオリベッティなどへ、移って行きました。
photo:エコフォンAll'epoca delle Scatole musicali

   

TOPへ  | スイスオルゴール友の会  | オルゴール・コンサート  | ルヴィーブル 
トップページへ スイス
オルゴール
musicbox.co.jp
ネット・オルゴール博物館

●スイスオルゴール友の会
●スイスオルゴールの魅力
●スイスオルゴールとの出会い
●オルゴールの歴史
●オルゴールと蓄音機の発明
●オルゴールの欠点
●オルゴールの特色
●オルゴールとスイスの歴史
●オルゴールの職人気質
●村の音楽の塔“カリヨン”
●オルゴールのいろいろ
●スイスのオルゴール博物館
●世界のオルゴールの文献
●オルゴールの思い出
●生き延びたオルゴールの力
●スイスオルゴールコンサート
●アルプス民族音楽祭
●オルゴールの故郷を訪ねて

Copyright (C) 2000
Saeki&Co.Inc.All right reserved