オルゴールの歴史 〜ネット・オルゴールの博物館〜

TOPページスイスオルゴール友の会 >オルゴールの歴史

● オルゴールの歴史

stamp1

 オルゴールの歴史では、今から200年前の1796年にスイスのジュネーブで時計職人アントワーヌ・ファーヴル によって世に出され, シリンダー型のオルゴールが誕生しました。  ●シリンダーオルゴール

オルゴールの歴史上、鳥のオルゴールの方が古く、それより15年前にスイス人時計技師であったジャケー・ドローによって発明され、 多く王侯貴族に愛好されました。  ●シンギングバード

 ディスク型のオルゴールは、1886年にドイツでポール・ロッホマンによって完成され、1889年ポールロッホマンのシンフォニオン社は 400人を超えるディスクオルゴールの本格的な工場に育ち、商業的に大きな発展をみました。1890年にはシンフォニオン社の 2名の技術者によりポリフォン社が生まれ、1000人を超す大会社に育ちます。1892年にはアメリカでレジーナ社が誕生して、ディスクオルゴール 市場の90%を生産する世界3大メーカーが誕生します。スイスのメルモフレール社は長くシリンダーオルゴールを造り、 後にディスクオルゴールをつくり、ミラ、ステラと質の高い名器を世に遺しました。  ●ディスクオルゴール
stamp1
日本は、第二次大戦後、シリンダー型の小型のオルゴールを宝石箱に入れ、オルゴールのイメージを定着させました。

 オランダからオルゲル(オルガン)が江戸末期に日本へ到来してORGELからオル ゴールと訛り、日本語化しました。江戸の町の見せ物として大いに流行ったと定説になりました。  ●ハンドオルガン

stamp1 最初のオルゴールが時計職人の技術のお陰で質の高いオルゴールに仕上がります。 その精密さと丈夫さに時計の高度な技術が生かされたのです。
 オルゴールは、215年のオルゴールの歴史の中で,いろいろな国で様々に作られ ていきます。王侯貴族の愛玩用に、ホテルやレストランで,駅の待合室で,そして,家庭の中で,赤ちゃんを育て、 思い出をつくり、心を癒すなど、多くの看病にも使われてきました。

stamp1  生の音楽を自動で演奏するオルゴールが、 好きなときに好きなところで聴ける,オルゴールの特性から優れた発明であることが分かります。こうして200年前に音楽の缶詰と して生まれたオルゴールは時代に受け入れられ、オルゴール誕生の100年後ににその全盛時代を迎えることになりました。

 「写真はスイス郵政局がオルゴール生誕200年を記念して発行した切手です。オルゴールの歴史上で貴重な切手となりました」

TOPへ  | スイスオルゴール友の会  | オルゴール・コンサート  | ルヴィーブル 
トップページへ スイス
オルゴール
musicbox.co.jp
ネット・オルゴール博物館

●スイスオルゴール友の会
●スイスオルゴールの魅力
●スイスオルゴールとの出会い
●オルゴールの歴史
●オルゴールと蓄音機の発明
●オルゴールの欠点
●オルゴールの特色
●オルゴールとスイスの歴史
●オルゴールの職人気質
●村の音楽の塔“カリヨン”
●オルゴールのいろいろ
●スイスのオルゴール博物館
●世界のオルゴールの文献
●オルゴールの思い出
●生き延びたオルゴールの力
●スイスオルゴールコンサート
●アルプス民族音楽祭
●オルゴールの故郷を訪ねて

Copyright (C) 2000
Saeki&Co.Inc.All right reserved